FC2ブログ

初出荷。しかし・・・

今日、やっとの思い(?)でナスの初収穫ができまして・・・



こんな感じのが約300本(少なっ!)。

去年は初出荷が6月5日だったから、まぁ、同じかなと。

とりあえずで出荷ができたから良しとします。

今年のナスも甘くて美味しいですよ♪(@´゚艸`)ウフウフ


さて、ナスが好スタートを切れた訳ですが、問題も・・・

このことを書くと、日本の特殊機関とか、原発関係機関とかから狙われるかも?(´-∀-`;)

ただ、現状を記録するだけなんで・・・許してニャン♪


さて、何かと言うと、シイタケ用の鉄骨ハウスが今年の大雪で倒壊しまして・・・

そして、国と市町村からの90%の助成で再建できる予定でした。

こちらね。

しかし・・・

俺はその会議に行っていないので、聞いた話を書きますが・・・



再建したあと、15年間はその事業(作物)を続けること。

ただし、途中で、その助成を受けた者が亡くなった場合は、経過期間を除いて助成金を全額返さなければならない。また、事業を途中でやめた場合も同様に助成金を返さなければならない。

ということらしいです。

やればいいじゃん!って思うでしょう?

しかし、ここにトラップがありました。

ウチは原木しいたけのハウスが倒壊したわけですが・・・

15年間と言う縛りは、事業主である親父が助成の申請者になるわけで、現在65歳の親父が15年間続けるって・・・80歳までって無理っしょ!

さらに、それなりの年齢なんで、途中でどんな大病で、どうなるかなんてわからない。

また、俺が申請者になれば・・・って思いますが、現在で事業をやっていない(今後やる予定でも)だめらしいです。

そして、トドメが原木の仕入れです。

群馬県内でシイタケ用に使える原木なんて、ほとんどありません。

なぜか?

2011年の震災での原発問題ですよ。

群馬県内のほぼ全域の原木に放射能が検出されるんです。

シイタケ用の原木に使える放射線量が50ベクレル以下と決まっているんです。

野菜ですら、100ベクレル以下なのに。

群馬県内で50ベクレル以下の原木なんて、ほとんどないんです。

裏を返すと群馬県内の山って・・・

県外から原木を買うとなると・・・輸送費とかで、かなり高価。

多少の助成を群馬県はしてくれるようですが、あまり乗り気ではない様子。

そこで、このハウス再建助成の縛りですから・・・

原木しいたけなんてヤメロ!ってことです。

ウチが再建するハウスの見積もりだけでも1900万円だそうで・・・

先が見えない仕事のために再建する人はいないし、高齢化している現状からも再建する人はいません。

ということは、体よく縮小させるってことなんですかね?

償還期間が5年なら継続する人もいるでしょう。

そうさせない所が行政のミソなんですかね?

ウチは、ナスをやっていますが、冬の収入がなくなる可能性があるので、代替えを模索いないと・・・(´-∀-`;)

まぁ、そんな日本の行政ってことで。

みなさんはどう思います?
スポンサーサイト